ツムツムスタジアムが登場!!リアルタイムバトルの新感覚サバイバルパズルゲーム

Pocket

ツムツムスタジアムのロゴ

2020年3月15日からクローズドβテストが開始されたツムツム(Tsum Tsum)に対人戦機能がついた『ツムツムスタジアム(Tsum Tsum STADIUM)』をご紹介します。
ツムツムスタジアムはツムツムをベースにし、ツムツムでこれまでなかったオンライン対戦の機能を備えた新たなツムツムです。

基本システムは同じながらも、新しい機能が盛りだくさんでツムツムのスキルの豪華な演出に感動すら覚えました。
それ以外にも細部までこだわり抜かれたデザインが施されており、ディズニーファンなら必ず楽しめることでしょう。



ツムツムとツムツムスタジアムの違いとは?

ツムツムと大きく異なるのは下記の3点です。

  • 最大50人対戦でスコアを競うことができる
  • プレーヤー同士コミュニケーションを取ることができる
  • マイツムが2つ選ぶことができる

最大50人対戦でスコアを競うことができる

対戦中の様子

ツムツムは一人で遊ぶアプリで空き時間に遊べる手軽さが良い反面、どこか物足りなく感じた人も多かったのではないでしょうか?

それを払拭するかのごとく追加された対戦機能は間違いなくツムツムスタジアムの目玉機能と言っていいでしょう。

プレーヤー同士コミュニケーションを取ることができる

ゲーム開始前の待合室

ツムツムスタジアムにはゲーム開始前に一緒にプレーする他のプレーヤーの参加を待つ『待合室』という空間があります。
待合室では他のプレイヤーの顔をタッチすることで情報を閲覧することができ、右下にあるアイコンを押すことで絵文字や『よろしく!』などのテキストを送信することができます。

マイツムが2つ選ぶことができる

マイツムが2つ選ぶ

マイツムを2つ選べるようになったことでその組み合わせによってもスコアが大きく変化すると思います。
また、マイツムは5つまで組み合わせを登録することができ、ミッションやコイン集めなど場面に応じて簡単に切り替えられる機能もあります。

その他の新機能や変更の内容

そのほかにも修正や刷新がされており、ツムツムと異なる点が様々見受けられました。
クローズドβテストということもありまだまだ隠された機能があるみたいで楽しみです。

  • ・プレイ時間は90秒で固定
  • ・『ボム』が『バブル』と名称変更&タイムボムがなくなる
  • ・デイリーミッションの報酬がルーレット方式に変更
  • ・報酬アイテムの受け取りボックス(メールボックス)の絞り込み機能
  • ・ツムツムの詳細ページの改善、項目の追加
  • ・操作性UP
  • ・400ルビーで336000コイン
  • ・レベルアップ報酬確認画面にある謎の『Premium』の文字
  • ・ハートとコインの他にも購入できるものがある!?
  • ・プレイボタンを押してからプレイをキャンセルができる

時間延長になるアイテムやスコアの伸ばすアイテムやスキル、バブル(ボム)が無くなっています。
その代わりスキルチャージを早めるスキルを持つツムツムやアイテムが登場しています。
また、フィーバーしても+5秒がなくなるなど対戦における公平性を保つために調整された点が多くありました。

ホーム操作画面

新機能や地味に嬉しい機能が多々ありました。
個人的には『イベントの選択』や『ガチャを回すまで』のアクションが少なくなり操作性がUPしたように感じます。
また、オンライン対戦になったことでプレイ開始までのバッファがあることでプレイボタンを押してもキャンセルできるため、アイテムを間違って使ってしまった!なんてことがなくなるのも地味に良いと感じています。

レベルアップ報酬を確認できる画面にある『Premium』

その中でも気になるのがレベルアップ報酬を確認できる画面にある『Premium』の文字です。
表記的にはレベルアップとプラスしてもらえるような見た目になっていますが、月額課金者限定のクリアアップ報酬などがあるのでしょうか。
ルビーとコイン購入ページにはロックされている項目があるので、もしかするとツムツムの月額課金なども登場するのかもしれません。

デイリーミッションの報酬がルーレット方式に変更

デイリーミッションはこれまで1つクリアごとに500コインでしたが、今度からは3つクリアで1度ルーレットができる方式に変更になっています。
報酬が少なくなったと思う方もいらっしゃると思いますが、景品が豪華です。ルーレットの様子は動画にして見ましたので気になる方はご覧いただければと思います。



ツムツムスタジアムプレイまでの流れ

ツムツムスタジアムをプレイするまでには2つステップがあります。

  • 1. 自分の分身となる『ツム顔』を作る
  • 2. チュートリアルをクリアする

自分の分身となる『ツム顔』を作る

ツム顔作成画面

ツムツムスタジアムでは自分の分身となるツムツムを作成するところから始まります。
ツム顔の設定は初期で全13種類の項目、431種類から選部ことができ組み合わせは3851177400000000000000000通り、色も含めるともっとあるので言ってしまえば無限大です。
ツム顔は設定した後も変更可能かつ、プレーを進める中でも新しいアイテムをゲットすることができるので後々調整するのも良いでしょう。

選択項目の詳細は下記の通りです。

  • 顔の形
  • 髪型
  • 眉毛
  • 頭に装着するアクセサリー(帽子など)
  • ヒゲ
  • チークの形(ハート型などもあります)
  • サングラスやメガネ
  • 耳のアクセサリー
  • 首元のアクセサリー
  • 口元のアクセサリー(マスクなど)
  • ほくろ、そばかす、シワ

チュートリアルをクリアする

チュートリアル

チュートリアルは全部で5つあり、一つクリアするごとにコインやルビーがもらえ全てクリア後にアイテムチケットももらうことができます。
チュートリアルは『ヨロコビ(インサイドヘッド/ピクサー)』と『ラプンツェル』を使ってプレイします。
チュートリアルではおおよそのプレイ感と基本的な操作を学ぶことができます。

冒頭でも紹介しましたが、ツムツムスタジアムはマイツムを2つ選ぶことができます。
ツムツムのスキルは4つのタイプに分類され組み合わせによってもスコアやコインの獲得数に大きく影響を及ぼしそうです。
ツムツムのスキルやアイテムチケットについては後ほど解説します。

ツムは『プレミアムガチャ』を引くことで手に入れることができます。
ツムツムのようにハピネスボックスは今のところないので全てのツムは共通で30000コインのようです。

ツムツムスタジアムのツムツムバトルって?

ツムツムバトルのロゴ

ツムツムバトルとはツムツムスタジアムで登場する新システムの『リアルタイムオンライン対戦』のことです。
1プレイで最大50人がマッチングしその中で得点順にランキング、最終的な順位を競い合うのがツムツムバトルです。

プレイ中はリアルタイムで順位が変動する様子が見ることができ、マラソンの順位を視覚的に見ることができるのも面白さの一つでしょう。
負けたくない気持ちが自然と芽生えるので、ついつい時間を忘れて熱中してしまうところは注意したいですね。

また、ゲームが終了してもフィーバー中の特典加算や溜まっているスキルや残っているバブルはポイントに加算されて集計されるため、最後諦めないでプレイすることも重要となってきます。

レッドゾーンシステムって?

レッドゾーンシステム

ツムツムスタジアムでは、『脱落となりプレイ終了』となるレッドゾーンシステムがあります。
1位との差が大きくなるとレッドゾーンに突入し画面周りが赤くなり、そのまま10秒が経過してしまうと脱落となります。
脱落した場合は『観戦』モードでバトルを見届けることも可能です。

リーグバトルって?

リーグバトルのイメージ

リーグは全部で15段階あり、リーグが上がるほどリーグ昇格時にもらえるアイテムが豪華になります。
リーグをあげることで報酬のコインが増えたり、ツムの成長速度がUPするなどのリーグ報酬がありますので上位のリーグを目指すことも強くなるコツと言えます。
また、リーグ報酬とは別に『リーグミッション』というものがあり、ミッションをクリアすることで報酬を獲得することができます。

リーグをあげるためにはツムツムバトルで『リーグポイント』を獲得する必要があります。
リーグポイントは順位が高いほど多く手に入るので上位入賞を目指して頑張ってください!

ツムツムバトル高得点をとるためのコツは?

高得点を出すためのポイントは以下の通りです。

  • ロングチェーン
  • フィーバータイムへの突入
  • コンボを途切れさせない
  • マイツムの組み合わせ
  • 持っているツムツムの種類

基本的にはツムツムと同じですが、ツムツムスタジアムではもう一つ重要なことがあります。
それは、『マイツムの組み合わせ』で組み合わせ次第でスコアを大きく伸ばすことができる可能性があります。
逆に選び方を間違えるとスコアを伸ばせない状況に陥ることがあるので注意してください。

同色系のツムツム選択

上記画像のように『シンバ』と『プーさん』をマイツムとして選んだ場合同色系で見分けがつきにくいと思います。
さらに他のサブツムも同色系が出現してしまった時には最悪と言えるでしょう。
なので同色系のツムツムは極力避けた方が無難だと言えます。

実際のプレイ動画はこちらです。

ツムツムスタジアムでは2つまでツムツムをマイツムとして選べるのでツムツムと比べてサブツムを制御ができるところも特徴です。
なのでより良い組み合わせを生み出すことでライバルに差をつけることも可能だと考えます。
ちなみに、マイツムに同系色を選ぶと警告してくれる親切設定があります。

同色系のツムツム選択時の注意喚起

ツムツムのスキルはどんなものがあるの?

ツムツムスタジアムには、スキルが4種類あります。

Clean 消去系
Bubble+ ボム発生系
Tsum+ ツム増加系
Support もう1つのマイツムのサポートやフィーバーに突入など

『Tsum+』はツム変化系のスキルだと思われます。
プーさんだとツムが大きい蜂蜜のツボに変化し、タップするとプーさんの大ツムが出現します。

Supportは、チュートリアルにいた『ヨロコビ』や『ヘクター(リメンバミー/ピクサー)が該当します。
もう1つのマイツムのスキル発動を早くするサポート役やスキル発動後フィーバーに突入するツムなどが該当するようです。

プレイ中に使用できるアイテム

アイテム一覧

ツムツムと同じように、ツムツムスタジアムでもアイテムがいくつかあります。

5→4のアイテム ツムの種類数削除5→4種類になる
+Bubbleアイテム 6チェーンでバブルができるようになる
+EXPアイテム 経験値が10%多くもらえる
+Skillアイテム スキルゲージが50%でスタート

ツムツムスタジアムで新たに追加されたのが『+Skil』のアイテムです。
スキルゲージを50%溜まった状態でスタートできるので、最初のスキル発動までが早くなります。

アイテムの効果は5分間なので、1プレイが90秒と固定されているため一度アイテムを使うと2~3回は利用できることになります。

バブルの種類

バブル一覧

ツムツムスタジアムでは、ツムツムのマジカルボムを『バブル』と表現します。
バブルの種類は以下のとおりです。

マジカルバブル 7個以上で発生、周りのツムを巻き込む
ロングバブル 8個以上で発生、横ライン状にツムを消す
EXPバブル 12個以上で発生、経験値が多くもらえる
コインバブル 13個以上で発生、獲得コイン数が増える
スコアバブル 14個以上で発生、スコアアップ

冒頭にも記述しましたが、ツムツムと違いタイムボムがありません。
その代わり『ロングバブル』という新しいバブルが登場しました。
矢印の向いている方向一直線にツムを消去してくれるバブルで場合によりますが、12~14個ほどの消去量です。
ロングバブルをより多く発生させることが高得点の鍵になるかもしれません。



まとめ

個人的な感想ですが、ツムツムスタジアムはツムツムの良いところはそのままに新しい『リアルタイムオンライン対戦』『リーグバトル』を導入したことでさらに面白いアプリになっている思います。
ツムツムそれぞれのスキルアニメーションも前作に勝るクオリティだと感じました。
リリース後も機能が追加されていくと思うのすごく楽しみです。